• 高校受験

西京高校の入試の傾向・倍率・内申点をまとめて解説!入試対策ができる学習塾も紹介

2023.01.02

西京高校は堀川高校、嵯峨野高校と並んで京都の御三家と呼ばれていて、人気が高い男女共学の高校です。合格には入試、内申点ともに高レベルな点数が求められます。

今回は西京高校の特徴から入試方式や倍率、入試の出題傾向まで徹底解説しました。
西京高校を受験するにあたっておすすめの学習塾「京進の中学・高校受験TOPΣ」も紹介しているので、西京高校への入学を目指したい方は、ぜひ最後まで読み進めてください。

◆本記事の目次

西京高校の基本情報

西京高校の正式名称は「京都市立西京高等学校」で、「京都府京都市中京区西ノ京東中合町1」に位置しています。アクセスは京都市バス「西大路御池」下車すぐ、京都市地下鉄東西線「西大路御池駅」下車すぐ、JR山陰本線(嵯峨野線)「二条駅」徒歩10分、「円町駅」徒歩8分と最寄駅が多く距離も近いため、通学しやすい場所と言えます。京都の御三家高校の一つで偏差値も高く、京都府内でもトップレベルの学力をもつ公立高等学校です。

京都には通学圏制度があり、保護者の住所によって通学区域が決まっています。通学圏制度によって受験できる高校が分けられていますが、専門学科については広く受験できる場合が多いです。西京高校のエンタープライジング学科は、丹後・中丹・口丹・京都市・乙訓・山城どの通学圏でも通えます。

●学科は全日制の「エンタープライジング学科」

西京高校の全日制に普通科はなく、専門学科であるエンタープライジング学科が設置されています。生徒が自分自身で未来を切り拓くための「社会人力」を身につけ、社会で活躍できるグローバルリーダーを目指す学科です。その「社会人力」を養うため、Communication(コミュニケーション:人と繋がる力)、Collaboration(コラボレーション:社会と関わる力)、Challenge(チャレンジ:果敢に知と向き合う力)という、3つのC(コンピテンシー)を目標として掲げています。

英語教育と情報教育に力を入れているのも特徴です。選択制で海外フィールドワークを高校1年生の3月に実施しており、行き先は調査したいテーマをもとに、上海・シンガポール・タイなどのアジアの国々から自分で選択できます。

●整備された学習環境

西京高校は自主学習やグループワークのための施設などが豊富に設置されており、学習環境が整った公立高校です。各教室にはスクリーンなどの情報機器が設置され、ノートパソコンは生徒1人につき1台提供されています。

机が自由に移動できるエンタープライズ演習室、アクティブラーニングコモンズはグループ活動に最適です。120名が入る自習専用の学習室では、集中して勉強ができそうです。地下にありますが、明るい光が入ってくる図書館は府内最大規模です。

●卒業生の進学実績

ここでは、西京高校卒業生の主な進路先の紹介として、令和4年度(2022年度)入試の合格状況を説明します(2022年5月11日現在)。合格者は国立大学159名、公立大学53名、私立大学718名、海外の大学1名、大学校2名、専門・各種学校2名で、国公私立・海外を合わせた大学合格者は931名でした。

その中でも多く合格しているのが、国公立大学では京都大学(28名)、大阪公立大学(26名)、神戸大学(25名)、大阪大学(20名)です。私立大学で多いのが立命館大学(240名)、同志社大学(101名)、近畿大学(63名)、関西大学(54名)、京都産業大学(43名)でした。


西京高校の選抜方式「A方式1型」とは

京都府の公立高校入試では、前期選抜と中期選抜(欠員がある場合のみ後期選抜を実施)で入試が行われますが、西京高校エンタープライジング学科の入試は前期選抜のみで、募集人数は160人です。

選抜方式はA方式1型と2型の2つがあり、A方式1型は144人と定員が多い入試方式となっています。また、A方式1型は面接が実施されません。

ここではまずA方式1型について、令和4年度の募集要項や倍率を説明し、その後、A方式2型の入試情報を紹介します。

●募集要項

今年度の募集要項によると、募集人員は144名で、検査項目と配点は国語100・数学150・英語150・理科100・社会50の計550、小論文50、報告書(内申点)150です。検査時間は国語・理科が50分、数学・英語が60分、社会・小論文が40分となっています。

2022年の受験日程は2月16日(水)8:30〜(学力検査)、2月17日(木)9:00〜(小論文)でした。

●倍率と合格ライン

実質倍率は1.95倍(前年比-0.13ポイント)となっており、前年と大きく変わらず人気を集めています。

科目別平均点で合格者と不合格者の差が大きかったのは、数学と英語でした。この2科目で得点できたかどうかが、合否の分かれ目となったようです。

●陸上競技部に所属していた学生は「A方式2型」も要チェック

A方式2型の定員は16名と狭き門です。募集要項には「活動実績報告書の『高等学校において取り組みたい活動』欄に、『陸上競技部』と明記すること」「『陸上競技部』に関連する内容(顕著な活動実績等)については、必ず記載すること」と指定があるので、陸上競技者向けの推薦入試と言えそうです。

A方式2型は1型とは違い、活動実績報告書を提出する必要があるので注意してください。面接もあるため、想定される質問と回答も考えておきましょう。

検査項目と配点は、国語80・数学120・英語120・理科80・社会40の計440、小論文50、報告書(内申点)150、面接50、活動実績報告書60です。検査時間は国語・理科が50分、数学・英語が60分、社会・コミュニケーション小論文が40分、面接は5分程度の個人面接となっています。

2022年の受験日程は2月16日(水)8:30〜(学力検査)、2月17日(木)9:00〜(面接・小論文)でした。

資料請求・お問合せ


教科別に解説|西京高校の出題傾向

ここでは、令和4年度の入試問題から西京高校エンタープライシング学科の最新出題傾向を解説します。5教科とも広範囲から出題されるので、苦手分野があれば早い段階から克服しておくとよいでしょう。

●英語

英語は長文問題とリスニング問題で構成されています。

長文問題
・大問1 長文読解(会話文・説明文)
・大問2 長文読解(説明文)

リスニング
A ディクテーション(1回読み)
B 英文を聞き、質問の答えとして適当なものを選ぶ問題(記号・2回読み)
C 会話と資料(1回読み)
D 会話と資料(2回読み)

筆記問題は例年通り、長文読解の大問2題構成です。大問1は本文・設問を含めると読む量がかなり多いため、難度は高いといえそうです。大問2は、内容を80字以上90字以下の日本語でまとめる問題が出題されました。リスニング問題の構成も例年と大きな変化はありません。長文もリスニングも全体的に情報量が多くなっています。そのため、普段から長めの英文に慣れておくと安心でしょう。

●数学

数学は、小問集合・関数・場合の数などの大問6題構成となりました。

・大問1 小問集合
・大問2 関数
・大問3 場合の数
・大問4 空間図形
・大問5 整数問題
・大問6 文字式の利用

問題量や計算量は昨年度から大きな変化はなく、幅広い分野からバランス良く出題されています。極端に難しい問題は見られませんが易しい問題も少ないので、標準以上の学力が必要です。

●国語

国語は現代文、古文の大問二題構成です。

・大問一 論説文『「利他」とは何か』伊藤亜紗編 所収 中島岳志
・大問二 古文『風姿花伝』世阿弥

素材文の分量、漢字の選択肢形式での出題は例年通りでした。注目すべきは、現代文も古文も記述問題が多く出ている点です。どの記述問題も部分点は取れるように対策しておきましょう。

●理科

理科は、化学・物理・生物・地学からまんべんなく出題されましたが、化学と物理の割合がやや大きくなりました。

・大問1A 物理 電流と磁界、熱量
・大問1B 物理 回路と電力
・大問1C 物理 浮力
・大問1D 物理 作用・反作用
・大問1E 物理 音
・大問2A 化学 原子のつくり、中和
・大問2B 化学 水素貯蔵合金
・大問3A 地学 地層の重なり
・大問3B 生物 生態系、有性生殖
・大問3C 生物 花芽の形成条件

記述解答の問題は2問と例年並みです。計算問題は昨年度より減少していますが、思考力を求められる問題が多く、ただ単に知識を暗記しただけでは対応しきれません。全体の小問数も多いため、情報の取り出しから計算までを手際よく行う必要があるでしょう。

●社会

社会は、地理・公民融合と地理・歴史融合の大問2題構成で、例年通りです。

・大問1 地理・公民融合
・大問2 地理・歴史融合

大問1は幅広い知識が求められる問題でしたが、基本的な知識が身についていれば正解を導き出せるでしょう。大問2の歴史問題の史料は、当時の文章がそのまま引用されていることもあり、読み取りに時間がかかるため、幅広い分野の資料・史料を確認するなどの対策が必要です。

記述問題は60〜80字、100字のものが1題ずつ出題されました。設問から条件を整理し、まとめる練習を積むとよいでしょう。


西京高校の入試を突破するなら「京進の中学・高校受験TOPΣ」へ!

西京高校合格を目指すなら、京進の中学・高校受験TOPΣがおすすめです。京進の中学・高校受験TOPΣは脳科学に基づいて、脳の可能性を最大限に引き出す学習システムを取り入れており、新しい内容の学習とその復習を繰り返し、合格に一歩一歩進むことができます。

志望校レベル別の講座や、堀川・嵯峨野・西京高校の入試対策に特化した講座も用意されているため、効果的に学習を進められるでしょう。

ここからは、京進の中学・高校受験TOPΣのカリキュラムや講座について紹介します。

●受験シーズン突入前から学力を伸ばせるカリキュラム

京進の中学・高校受験TOPΣでは、毎週学習した単元を確認する「週実テスト」を実施しています。合格の基準点に達しなかった場合は再テストを行い、基準点を超えるまで何度も挑戦するため、確実に勉強した内容が身につくでしょう。基本ができるようになるまで繰り返し勉強することは、成績アップだけでなく生徒の自信にもつながります。

内申点アップのためには、定期テスト対策が不可欠です。京進の中学・高校受験TOPΣでは「定期テスト管理システム」を取り入れていて、スマホで今の学習状況がひと目で分かる仕組みができています。学校ワークの進み具合が共有できるので、生徒ひとりひとりに合わせたフォローが可能です。

学校ワークに準拠した再現授業もあり、テストに出やすいポイントが分かるほか、定期テスト直前になると、演習量を重視した指導で得点アップにつなげます。

●日曜日は「西京高校」に特化した必勝講座と入試対策を実施

京進の中学・高校受験TOPΣには、西京高校に特化したコースを設けています。毎週日曜日に実施しており、午前中は基礎力を身につける必勝講座、午後は実戦力を養う入試対策が受講できます。西京高校専門の指導を、過去の出題傾向を熟知したトップ講師陣から受けることができるので、合格に向けてみっちりと特訓できます。

自宅から講座会場まで距離がある中学生の方は、自宅で取り組めるオンライン受講も活用してください。ライブ授業と同じ時間帯で行われるので、臨場感を感じながらオンラインで授業を受けることができます。

●定期的にオリジナルの模試を実施

京進の中学・高校受験TOPΣでは「御三家合格判定模試」として、西京・堀川・嵯峨野高校の前期選抜入試傾向や過去問に基づいて作成している全5回の模試があります。

京進の中学・高校受験TOPΣが蓄積してきたデータをもとに、同じ志望校内の順位が出るため、現段階の合格可能性を数値として把握できるでしょう。


西京高校の合格を目指してしっかり対策しましょう!

西京高校は勉強の環境が整っていて、京都府内でトップレベルの学力の高校です。全日制は専門学科のエンタープライジング科のみという特色があり、人気も高い高校なので、西京高校を受験する場合はしっかり対策をする必要があります。

結果を出すためには、効率的に勉強を進めたいところです。そこで、西京高校に興味があり、塾選びを検討している方は、記憶の定着ができる週実テストや、西京高校専門の講座が準備されている「京進の中学・高校受験TOPΣ」がおすすめです。

高校受験を有利に進めるには、勉強の基礎がつくられる中学1年生・2年生の早い段階から対策を始めることが合格への近道です。気になった方は体験授業が用意されていますので、京進の中学・高校受験TOPΣの無料体験授業からお問い合わせください。

<京進の中学・高校受験TOPΣ「高校受験対策コース」の詳細はこちらへ>

資料請求・お問合せ