• 高校受験

受験生必読!高校受験の過去問が思ったより解けないときの対処法を解説

2023.01.03

「高校受験の過去問が思ったより解けない」
中学3年生も後半に差し掛かると、高校受験の過去問に取りかかる時期ですが、今までしっかり勉強してきたつもりなのに、思ったより過去問が解けなくて悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

本記事では、高校受験の過去問が解けない場合の対処法を解説します。
この記事を読めば、同じ問題を何度も間違えないようにする方法や過去問の上手な使い方もわかるようになります。
高校受験を控えている中学生は、今回紹介する勉強法を実践してみましょう。

◆本記事の目次

高校受験の過去問が思ったより解けない理由と対処法

高校受験の過去問が、思っていたより解けない理由として考えられるのは次の4つです。
対処法とあわせて紹介していくので、苦戦しているときにはぜひ参考にしてください。

●基礎力が十分身についていない

教科書や参考書の内容を、過去問に活かせるほど理解しきれていなかったり、覚えるべきことを暗記しきれていなかったりすると、思ったより過去問が解けないという事態に直面します。しかし、日頃からしっかり教科書と参考書を読み込むように意識すれば、覚えた知識を記憶に定着させられるでしょう。

●問題の解き方がわかっていない

特に、理系科目の場合は、公式を覚えただけで使い方は理解しきれていないこともあるので注意が必要です。問題集を繰り返し解いて、解答法を記憶に定着させれば、段々と問題の解き方がわかるようになってきます。

●一度勉強したことを忘れてしまっている

前に学習した内容が抜けていると、過去問にもまったく歯が立たないでしょう。一度理解できたからといって長期間放置していると、解き方を忘れてしまうことがあります。インプットした知識を記憶に定着させるためにも、定期的な総復習を行うことが大切です。

●苦手な分野が多く出題されていた

過去問に苦手分野が多く出題されていると、自然と点数も下がりがちになります。得点が低いと気持ち的にも悪い方向に作用して、モチベーションの低下にもつながりかねません。第一志望の高校に合格するためにも、苦手分野を克服しましょう。日頃から苦手な分野を一つでも減らすよう復習すれば、次第に得点も安定してきます。


同じ問題を何度も間違えないようにするための方法とは

過去問を解いていて、同じ問題を何度も間違えることに悩んでいる受験生もいるのではないでしょうか。問題演習をしている以上、ケアレスミスはつきものですが、なるべく同じようなミスを繰り返したくないものです。そこで、同じ問題を何度も間違えないようにする勉強のやり方を紹介します。

●解き終わった問題を分析する

過去問を解き終わったら、採点して「どこが正解していたか」を確認するだけでは不十分です。
自信を持って正解した問題、偶然正解した問題、解けたつもりだったのに間違えた問題、わからなかった問題の4つに分けましょう。自信を持って正解した問題以外は、今後も似たような問題が出題された場合に解けない恐れがあるので復習の対象にします。
このように、解き終わった問題を分析すれば、今の自分に「何が足りないのか」を確認することができるのです

●間違えた問題はすぐに復習して解き直す

間違えた理由、間違えた箇所を解答・解説から分析し、間違えた原因を理解できたらすぐに解き直すようにします。間違えた問題を解けないままにしないことが何よりも大切です。解き直しをすることで、自分の間違えやすいパターンを把握することもできます。
この勉強法は過去問に限らず、学校の定期テストの解き直しや振り返りをするときにも効果的です。成績をアップさせて志望校合格に一歩でも近づきたい受験生は、間違えた問題の復習・解き直しをするようにしましょう。

●理解できないことは学校や塾の先生に質問する

自分で購入した参考書や問題集の解答・解説などを読んでもわからないときは、学校や塾の先生に質問すれば対応してくれます。その際、自分の志望校の受験対策ができるように、過去問と解答・解説を持って行くとよいです。また、先生に勉強を教えてもらうときは質問する内容やわからない部分を事前にまとめておくと、効率よく学習を進められるでしょう。

●同じ年度の問題を何度も解く

過去問が最後まで解けたら、もう一度最初に戻って解き直すようにしましょう。特に点数が低かった年度の問題には、自分がよくミスする出題パターンが凝縮されています。そのため、集中的に繰り返す必要があります。その際、連続して同じ年度の問題を解くのは避け、ある程度の時間を空けましょう。まだ記憶が新しいために答えを覚えている可能性があり、実力を伴わないのに満足してしまうことがあるからです。

●分野別の問題集を使ってみる

分野別の問題集を使って勉強すると一つの単元に特化して学習を進められるため、苦手な分野であっても定着しやすくなります。たとえば、国語なら漢字・読解、数学なら図形・計算、英語なら文法・長文、理科なら生物・化学、社会なら歴史・地理といった具合に、分野別の例題を集中的に練習できる問題集を使ってみましょう。重点的に苦手分野を克服したいときや、得意分野をもっと伸ばしたいときにおすすめします

資料請求・お問合せ


合格へさらに一歩近づく過去問の上手な使い方

入試問題を解くこと以外にも、過去問には上手な使い方があることを知っていますか?たしかに過去問を解くことは、受験本番の出題形式に慣れることができる有効な受験勉強の手段ですが、ただやみくもに解き進めるだけでは万全な受験対策とは言えません。
合格へさらに一歩近づく過去問の上手な使い方として、以下3つが挙げられます。

●目標得点を設定する

過去問に取り組む前に「得意科目は〇点、苦手科目は〇点」のように、科目ごとに目標得点を設定するとよいでしょう。高校受験は複数の受験科目の合計点で合否が分かれるからです。あらかじめ目標を明確化させておくことで、勉強の方向が定まり、志望校合格のために「次に自分がすべきことは何か」がはっきりと見えてきます

●本番を想定した時間配分で解く

過去問を解く際、タイマーを使用して本番と同じ制限時間を設けることで、試験中の時間配分の練習になります。試験本番と同じ時間設定で問題を解くことで、集中力の切れやすい時間がわかるため、早いうちに対処法を考えられます

●過去問を最低5年分は解く

過去問は年数が少なすぎると出題傾向をつかみきれないので、最低でも5年分解くことをおすすめします。また、5年分を解き終えたら、必ず解き直しも行うようにしましょう。2周することで、自然と問題傾向に慣れていき、得点が伸びれば自信がつきます。入手できないときは、学校や塾の先生に相談すれば対応してくれるでしょう。

関連記事:高校受験の過去問はいつから解いたらいいの?上手に活用して受験を突破しよう


高校受験対策のラストスパートをかけるなら「京進の中学・高校受験TOPΣ」へ通うのもおすすめ

自力で勉強するのが難しいと感じたときは、学習塾に通うのも一つの手段です。「京進の中学・高校受験TOPΣ」ならば志望校に応じた受験対策ができるうえに、充実した学習環境が次のように整えられています

●志望校にあわせたクラス編成

京進の中学・高校受験TOPΣ」の高校受験対策コースは、Sクラス、Hクラス、UP-Hクラス(愛知県限定)、 Aクラス、 UP-Aクラス(愛知県限定)という5つのクラスで編成されています。

最難関公立・私立高校を目指すSクラスは、中3の1学期までに中学の学習範囲を先取りして学び終えるため、夏休みの講習から総仕上げと入試本番に向けた勉強を始めます。公立トップ・有名私学を目指すHクラスとUP-Hクラスでは、受験で問われる高い応用力を身につけられます。
上位公立・私学を目指すAクラスとUP-Aクラスは、どちらも基礎力の養成を目的としています。

このように、実力に応じてクラス分けされているため、自分とレベルの近い仲間とお互いを高め合いながら受験勉強に励めるようになっています

●模試やテスト

京進の中学・高校受験TOPΣ」では、学習内容が定着しているかを確認するテストや、高校受験本番そっくりの模試を年間通して実施しています。模試の結果は早く返却されるため、忘れないうちに復習しやすいのがメリットです。

●脳科学に基づいた学習法「リーチングメソッド」で効率的に学習したことが身につく

リーチングメソッドとは脳の可能性を最大限に引き出す学習法で、海馬や扁桃体 、前頭前皮質の性質を活用しています。最新の脳科学理論に基づいており、学習した内容の長期記憶に効果的です。リーチングメソッドを活用して受験勉強すれば、志望校合格へ十分な実力をつけられるでしょう

●自習室を利用できる

京進の中学・高校受験TOPΣ」は各教室に自習室を併設しているので、自宅で勉強に集中できないときや、学校・部活帰りに立ち寄って好きなだけ勉強できます


今の勉強方法や受験対策を見直せば、過去問が解けるようになる

高校受験の過去問が思ったより解けないのは、基礎力が十分身についていない、問題の解き方がわかっていない、一度勉強したことを忘れてしまっている、苦手な分野が多く出題されていたといった理由が考えられます。
自力で勉強することに限界を感じたときは、プロの塾講師から丁寧に指導を受けるのも一つの手段です。今なら無料体験授業も実施していますので、詳細が気になる方は下記URLをクリックしてみてください。

<京進の中学・高校受験TOPΣ「高校受験対策コース」の詳細はこちらへ>

資料請求・お問合せ